Q&A

よくある質問

お客様より寄せられる「よくある質問」をご紹介させていただきます。
  • アライアンスとは何ですか?

    複数の航空会社がそれぞれ協力関係を結び1つの提携グループを作っています。
    この提携グループのことを、アライアンスと言います。

    航空会社各社は、コードシェア便(共同運航便)により今までに乗り入れがなかった路線への就航が可能となりました。

    路線だけではなく、マイレージプログラムの相互提携により、同じアライアンスであれば、マイル加算のチャンスが大幅に拡大されました。

    これはご渡航される方にとって、ご自身が所有するマイレージプログラムに参入している航空会社を選択できることで、マイルが早くに貯められるチャンスとなり、大きなメリットでもあります。


    3大アライアンス

    世界には航空会社の大規模な提携グループが3つあり、大手航空会社のほとんどが、これらのいずれかに加盟しています。

    スターアライアンス:ユナイテッド航空・ルフトハンザ航空系がメイン(日本からは、全日空が参加している)。

    ワンワールド:アメリカン航空・英国航空系がメイン(日本からは日本航空が参加している)。

    スカイチーム: デルタ航空・エールフランス航空がメイン(日系航空会社は加盟していない)。

  • なぜ同じ便や座席で、航空券代金に差があるのですか?

    各種条件や空席状況によって、航空会社が運賃を設定しているため、航空券代金が異なります。
    座席や機内食、サービス等の違いはありません。

    国際線航空券は同じ利用座席(エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス等)であっても複数の運賃があり、主に以下の条件により設定されております。
    条件が厳しければ運賃は安価に、条件が緩ければ高価になります。


    【発券期限】 ○日前までに発券。予約時期によって予約後○日以内と条件が追加されることもあります。
    【滞在期間】 最低滞在日数と最大滞在日数の制限があります。安価な運賃ほど滞在日数の制限が厳しくなります。
    【空席待ち】 予約時に空席がない場合、空席待ちが可能か否かの制約があり、安価な運賃ほど空席待ちが出来ないことが多いです。
    【予約変更】 航空券発券後に予約変更が可能か否かの制約があり、安価な運賃ほど日程の変更や払戻ができなかったり変更が出来る場合であっても変更料が高額になる傾向があります。

  • 国際線航空券の途中区間のみ取り消すことはできますか?

    途中区間を取消し(未搭乗)した場合は以降の予約が全て取り消されることがございます。

    国際線の航空券は予約した通りの順番で、全区間をご利用頂く必要があります。
    事前に航空会社の承認を得ることなく旅程中の途中1区間でもお取消しした場合は、以降の予約が全て取り消されることがございますのでご注意下さい。

    また、割引航空券の多くはお客様の都合による一部区間の払戻しができません。
    全区間利用されることを条件に割引になる航空券において、一部区間しかご使用なさらなかった場合は、追徴料金が掛かることがあります。

  • 国際線の預け入れ荷物は全て無料ですか?

    条件により、無料の場合と有料の場合がございます。

    利用なさる航空会社、お座席*1、搭乗区間によって異なり、条件外の場合は超過料金が掛かります。

    受託手荷物許容量の規定には「個数性」と「重量制*2」があり、日系を含め多くの航空会社で目的地に関わらず「個数制」を適用するようになりましたが、タイ航空のように「重量制」を適用している航空会社もまだあります。
    また、コードシェア便*3は運行する航空会社の規定に準じます。


    *1 お座席:エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス。
    *2 重量制:個数の制限はなく総重量○キロまでと決まっている。
    *3 コードシェア便:別名「共同運航便」とも言われ、2社以上の航空会社が1つの便の座席を共同で販売している形態の便を指す。

  • 発券前に支払が必要ですか?

    後払いにて承っております。

    基本的にはご請求書払いで、ご出発日の翌月末までのお振込みをお願いしています。
    貴社のお支払タームに合わせて、翌々月や1ヶ月まとめてご請求書を発行することもできますので、ご相談ください。

    ※事前に与信審査がございますので、ご了承ください。

  • 海外ホテルの宿泊税とは何ですか?

    一部の国や地域でホテル宿泊時に課税される税金のことを言い、内容や名称*1も異なります。
    宿泊都市、ホテルの星の数、宿泊日数、宿泊期間により異なり、ホテルのバウチャー*2に含むことができない為、ご滞在時にお客様から直接ホテルにお支払い頂く必要がございますのでご注意ください。

    *1 内容や名称:宿泊税、観光税、滞在税、リゾートフィー、ファシリティ・フィーなど様々でホテルにより異なるが主として施設使用料として請求される。
    *2 バウチャー:予約・代金のお支払と引き換えに発行されるクーポン券のことを言う。


    ●参考:宿泊税等が導入されている主要な国
    このような税金が導入される国や地域は増えておりますので、ご予約時等にご案内いたします。

     

    北米 アメリカ、カナダ
    ヨーロッパ フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ベルギー、ポルトガル、スイス、オーストリア
    中東・アフリカ ドバイ、モロッコ
    アジア マレーシア

     

    ※いずれの国も全土という訳ではなく、州や一部の著名な都市や観光都市である場合が多い。

  • 電子ビザとは何ですか?

    ビザ(査証)取得が免除されている国の渡航者が、入国・経由する際に必要となるweb上で取得できるビザ(査証)のことを言います。

    電子ビザが必要となる主な国(*日本国籍の場合)

    アメリカ:ESTA 2年間有効 滞在可能日数:90日以内 費用:14USドル
    オーストラリア:ETA(S) 1年間有効 滞在可能日数:3ヶ月以内 費用:20オーストラリアドル
    カナダ:eTA 5年間有効 滞在可能日数 費用:7カナダドル
    スリランカ:ETA 6か月間有効 滞在可能日数:30日以内 費用:US40ドル(トランジットは無料)

    いずれも有効期限内であれば入国可能(帰国日に有効期限が満了していても問題ない)
    有効期限内にパスポートの有効期限が満了する場合は、再度申請が必要。